時の試練に耐える堅牢な技術

当社は数十年に及び、巻線電位計とサーメット電位計の開発・製造に携わってきました。この豊富な経験が、極めて信頼性の高い製品を生んでいます。高品質な巻線電位計とサーメット電位計は主に、ユーザーが必要な値を指定する「調整可能な電位計」としての使用に適しています。超長寿命を求めない場合、一定の限度内で制御アプリケーションにも適しています。抵抗線/サーメット抵抗体とワイパーは、装置の寿命全体を通じて最大限の信頼性を保証するよう正確に調整されています。



巻線電位計– 原理
絶縁コア体のまわりに抵抗線を巻き、固定して設計通りの形状に曲げます。精密製造手法により、抵抗線を0.01mmの極小径まで確実に加工できます。ワイパーコンタクトが抵抗線上を移動し、電位差信号を検出します。こうした作動原理のため、解像度は巻線数に左右されます。



自動車/モータースポーツ

鉄道技術

エネルギー

暖房/換気/冷房

ジョイスティック

機械工学

医療

機械工学

医療

計器

©  2017 Contelec AG